SCマツヤマフリースクール

SCマツヤマ自由大学


SCマツヤマとは

SCマツヤマの呼称はサポートクラブマツヤマ・フリースクールです。
平成17年6月17日に法人設立され、令和4年にフリースクールの設立に至りました。
SCマツヤマフリースクールの校長は宇都宮克仁、教頭は岡崎純は事務局長は上野剛司です。
講師陣を募り、生徒を迎えれる体制になりました。生徒を募集開始いたします。
現在SCマツヤマは、松山市小栗に事務所があり、防犯防災パトロール事業として、 地域の交通安全活動及び安全パトロール事業として地域社会の安全確保に貢献し青色防犯パトロール ・ まもるくんの家の活動を継続しています。また自由大学の設立も同時に行い、よりよい地域になるための活動を継続し、後世に人財を残していけるよう共に学び、知識・知恵を共有し、松山市・愛媛県に貢献していけるように継続活動を行っていきます。

連携

我々の活動の一部として、各団体との連携を掲げています。NPO法人の社会的な役割として社会課題解決という事が掲げられていますが、社会の中で一度作られたルールが、時代のスピードや変化に相応してこないときに、NPO法人の役割が発揮できます。現在は、当クラブのクラブハウス事務所がある松山市立雄新中学校や雄郡小学校と連携をして活動をしています。

活動を通じ社会に適応していくこと

SNSの発展により、我々社会は急速に情報の民主化が始まり、ある一定以上の情報がSNSによって取得することが出来るようになりました。
これによって、社会全体のニーズや様相が変化し、学歴だけで評価される社会から変化していこうとしています。SNSの今後の発展による社会の変化に合わせた人材の育成と、SNSを中心とした生活変化への対応を目標にしていきます。

SCマツヤマのいいところ

かかわる人が多い。SCマツヤマにはいろいろな団体が所属、連携しています。様々なジャンルの人と出会い、理解し合い、協力し合うことで、それぞれの団体を補いながら成り立っています。そういった助け合いの気持ちのある人たちと触れ合う事ができます。

SCマツヤマの考え方

自分自身の生き方を。社会の変化を的確に見極めてその中で生きていく。また自分自身で将来起業してもいい。エンターテイメントは、YouTubeやネットフリックス等で、東京にいても、地方に居ても、同じような情報や映像に触れることが出来る。自分の生き方を少しずつ発見していく。小学生に将来の夢はと聞いても、今から20年前にYouTubeが隆盛を誇るとは想像していなかった。現状と将来の変化の予測をしながら、その予測した将来に自分のストロングポイントを活かせる生き方をしていこう。学力も大事だが、考える力を。総合力よりも、自分の長所を。
もちろん学校に戻ることを前提にしている人、自分のストロングポイントを伸ばすことを考えている人さまざま居ると思いますので、最初の面談の際に、お伺いできたらと思います。

SCマツヤマフリースクール・自由大学講師